大発表会のこと②

どうも。「かんりしゃ」です。
もうすぐ8月も終わりですね。あっという間すぎて、日々おどろきます。


大発表会まで、あと少し。
これから、できるだけ年に1度のイベントにしていこうと考えています。
毎度ゲストを呼び、いろいろなお話をして頂こうと思いますが、第1回の今回は、大堀彰子先生にお願いしました。

心理師である「かんりしゃ」の恩師の先生やと思います。
今でも、何かとお世話になっており、何かあれば相談させてもらっています。
エネルギッシュという土台の上に、エネルギーをのせているような方で、体調が心配になるときもありますが。
長年、医療現場を中心に、学校、保健所等、さまざまな分野で今でも第一線で活動されている先生です。

そんな大堀先生に、仕事のこと、はたらくことについてお話頂きます。
障害者とされる方の仕事についての参考になると思いますし、同時に人としてはたらくって何なんやろうって考えられるような話になるのでは?と思います。

その後、当事者研究の発表者と大堀先生の3人で、ディスカッションをしようと思います。
できれば会場の方から質問があればうれしく思います。


藤井寺イオンさんでやる、初のイベントです。
どこまでうまくいくかは不安な点もありますが、精いっぱいやっていこうと思います。

いやー、がんばろう。
今日は今から玉ねぎ植えやで。

“大発表会のこと②” への2件の返信

  1. 玉ねぎ植えお疲れ様でした。大発表会を前に体調がイマイチでしたが、少し開き直りができた感じです。私なりに一生懸命発表に望みたいと思います。
    大成功であれと願いつつ…。

  2. かんりしゃさんの、恩師の先生なら、何かあったら、アドバイスを貰うことも、出来るのでは、ないかと思います。かんりしゃさんも、ゆっくりいつも通りやったら来月の発表会も、成功する事を、祈って頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。